カウンター :

Appendix

プロフィール

乾電池吉田

名前   乾電池吉田
性別   男性
生まれ 1989

よく人間と間違われますが、
実は蛙なんです。


【PR】


Entries

スポンサーサイト

ずぼら妻

 日の光をたっぷり浴びた芝の上というものは、往々にして気持ちがよい。それが見晴らしのよい丘の上で、さらに新婚の妻が一緒ときたら申し分ない。 僕は隣で弁当箱の風呂敷を解く妻の指先を眺めていた。爪がつやつやと光っている。 弁当箱の中にはおにぎりが三つと卵焼きが入っていた。妻はおにぎり三つを手に取り、僕に言った。「どのおにぎりがいい?」「中身は違うの?」「いいえ、全部同じよ」「じゃあ左手のおにぎり」 僕...

うさぎとかめ

「ねえ、かめさん。君は世界で一番足がのろいねえ」うさぎが嫌みを言いました。「何を言うんですか、うさぎさん。それなら向こうの小山まで駆け比べをしようじゃないですか」かめは自信を込めて言い返しました。春の昼下がり、うさぎとかめは野原からスタートしました。日が落ちました。月が昇り、沈み、日が昇りました。そしてうさぎは、かめよりも早くゴールしました。「いやあ、やっぱりかめさんは足がのろいねえ。ゴールしたら...

短編Ⅳ

「そこはこれまでも、そしてこれからも、」 鼻を湿った空気が通り抜けてゆく。沼の水面に薄暗く反射した太陽が、六月の一日の終わりを暗示していた。田舎でもなく都会でもない。そこはこれまでも、そしてこれからも、故意に人が足を踏み入れるような場所ではない。 夕闇が訪れ始めたその地に私は一人たたずみ、そしてぼんやりと水面を眺めていた。ぽつりと沼の中央に浮かんだ白い塊。ずしりと重そうなそれは、しかし軽そうでもあ...

短編を書いてみた

「パワー」 僕は電気をつけてから言った。「この蛍光灯、少し暗くないかな。パワーでも落ちてきているのかな」 そもそも、蛍光灯にパワーというようなものが存在しているのか怪しい。「ええ。わたしも暗いと思っていたの。やっぱり、パワーが足りないわね」と女は言った。 やはり蛍光灯には、パワーというものがあるのだろうか。 僕はポテトチップスの袋を開けた。「あれ、このポテトチップス、入っている量が極端に少ないじゃ...

夏だけ特別Ⅱ

「それは夕凪のとき ~In the evening calm~」   - 地球 - 晴れた夕方の話だ。陽は沈みかけて空は紅に染まっていた。僕はストローを口にくわえ縁側に立ち、ぶら下がった風鈴に風を送ってやっているところだった。 思い返せばその日は風がなかった。夕凪だ。海は近くないけれど。言ってしまえば、僕が住んでいるところは群馬だから、夕凪というのはおかしい話だ。でも他に表す言葉を知らないのでそう書くことにする。とにか...

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログランキング

ブログランキング参加中
↓ポチッとされると喜びます!

FC2ブログランキング
人気ブログランキング


募金


クリックで救える命がある。
企業が代わりに募金します。↑クリック先にある各参加企業名をクリックすると、企業サイトが開きます。そのサイトからクリック募金が行えます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。